猫の便秘サプリは効果ある?医者嫌いな猫のための体調管理!

猫のウンチに異変、あなたはどうしますか?

 

 

 

はじめまして、主婦のミキといいます。

 

うちは子どもがおらず、10年ほど前から野良猫を拾って飼い始めました。

 

雑種の三毛猫で、名前はミー。

 

我が家のムードメーカーで、旦那ともども子どものように可愛がっています。

 

猫の年齢的に言えばもう立派な老猫なんですけどね(笑)

 

 

 

さて、そんな我が家の癒しとなっているミーですが、ここまでほとんど病気もせず、

 

元気に過ごしてきてくれました。

 

しかし3か月ほど前、そんなミーに悲劇が!

 

急にウンチが出にくくなってしまったんです。

 

トイレで踏ん張る姿も心なしか苦しそうで、頑張ってもいつもの量の半分もウンチが出ず、

 

黒くて硬そうなコロコロが2,3個だけ。

 

 

 

これは便秘だな、と思った私たちは、ミーを動物病院に連れて行くことに。

 

でも本当に大変なのはここからでした…。

 

 

 

ミーは普段ずっと家の中だけで飼っているので、外に出るのが怖くして仕方がなかったんです。

 

首輪をしてケージに入れて、病院に連れていくだけで大わらわ。

 

拾ったばかりの子猫の頃に連れて行ったことはありましたが、その時とは嫌がるレベルが全然違いました。

 

「ミギャーミギャー!」

 

診察中どころか、外に出ている間中、ずと殺されそう悲鳴を上げ続けていたんです。

 

 

 

そんな状態で何度か診察をしてもらい、苦労の甲斐あってミーの便秘はすっかり治りました。

 

でもその時思ったのは、もうできるだけ病院のお世話にならなくて良いようにしてあげたい、ということ。

 

ミーは今回の一件がトラウマになったようで、首輪を見ただけで逃げ出してしまうようになったんです。

 

できればこんな辛い思いはもうされたくありません。

 

 

 

そこで、私達は猫の健康をこれまで以上に意識するようになったんです。

 

当サイトではそんな私が勉強した猫の便秘の対処法や予防法、そして猫の健康を助けてくれる

 

サプリを紹介したいと思います。

 

猫が便秘になるワケ

 

そもそも猫の便秘ってどんな症状が出るの?

 

 

 

猫が便秘かな…?と心配になって当サイトに来られる方が多いと思いますが、

 

具体的な症状は猫によって違います。

 

そこでまず、猫の便秘に見られる代表的な症状を紹介しますね。

 

  • 便が少ない(出ない)
  • 便の形が細長い、コロコロしている
  • 便が硬い
  • トイレで踏ん張る時間が長い
  • 頻繁にトイレに行く
  • お腹の辺りに硬いものがある

 

この辺りが便秘の症状で、大体人間の便秘と共通しています。

 

猫は基本的に1日1回はウンチをしますので、このウンチがない、少ないと感じる場合は

 

少し注意して様子を見る必要があります。

 

 

 

また、便秘の状態が長く続くと上の症状以外にも別の体調不良も起きてきます。

 

  • 食欲がなくなり、食べる量が減る
  • 便秘が原因の嘔吐

 

ここまで進行すると、恐らく猫にとってはかなり苦しい状態だと思います。

 

特に便秘が原因の嘔吐は腸閉塞を起こしている可能性があるそうで、なるべく早く

 

病院に連れていきたいものです。

 

 

 

ただ、猫の嘔吐は健康な時でも普通にするので、便秘が原因の嘔吐の見分け方としては

 

  • 1日に何度も嘔吐する
  • 吐いたものからウンチのような臭いがする

 

この辺りの特徴があれば危険だとういうことを知っておいてください。

 

 

猫が便秘になるのは様々な理由が!

 

 

 

では続いて、猫が便秘になる原因も知っておきましょう。

 

飼い主がこれを知っておくことで、猫の健康を保つヒントになると思いますよ。

 

 

食生活や異物の飲み込み

 

猫はそもそも便秘が多い動物なのをご存知ですか?

 

その一番の原因は、飲む水の量が少ない、ということです。

 

猫は体重1kg辺り50mlが1日の目安と言われていますが、例えば標準的な猫は

 

大体3~5kgくらいなので、およそ150ml〜250mlの水を飲む必要があるんです。

 

でも、絶対にそんな水飲んでないよーっていう猫も多いはず。

 

この場合は、ある程度飼い主が工夫して水を飲むように仕向ける必要があります。

 

 

 

また、キャットフードなどに入っている栄養素にも注目。

 

特に食物繊維の多すぎ・少なすぎは便秘に繋がりますよ。

 

 

食べ物以外のものを飲み込む

 

家猫であっても良くあるのが猫の誤飲

 

うちの猫もビニール袋をガジガジと噛んで、一部を飲み込んでしまったことがありました。

 

その時はウンチで排出されたので良かったですが(というかウンチで出たことで気づいた)、

 

これが腸で詰まってしまったりすると便秘になる可能性も。

 

ビニールの他にもヒモや小さな物は、猫は何でも飲み込んでしまう可能性があります。

 

便秘以外にも呼吸困難など命に関わることもあるので、誤飲には十分注意してください。

 

 

 

また、もう一つこれはどんな猫にもあることですが、猫は自分の毛を飲み込んでしまいます。

 

普通は飲み込んだ毛は嘔吐と一緒に吐き出されるのですが、毛の一部はそのまま腸まで

 

行って便として排出されることも。

 

この時、毛玉が大きいと毛玉で腸が詰まってしまうこともあるんです。

 

このような病気を毛球症と呼びます。

 

 

運動不足

 

家の中だけで飼っている猫はどうしても運動不足になりがちです。

 

野良猫なんかも普段それほど走り回ってるイメージはないですが、実は意外と動き回っているんですよ。

 

室内猫の場合は餌は勝手にもらえるし、動ける範囲は狭いし動く必要性がなく、

 

放っておくとどんどん運動不足になってしまいます。

 

 

 

運動不足になると腸のぜんどう運動が鈍くなり、便秘になりやすくなってしまいます。

 

これは人間と同じですね。

 

 

ストレス

 

人間もストレスを感じると下痢や便秘になる人がいますが、猫もストレスを感じることで同じような

 

症状が出ることがあります。

 

猫にとってのストレスとは

 

  • トイレが汚い・臭い
  • 家に知らない人が訪問してくるなど環境の変化
  • 騒音や不潔な環境
  • 飼い主が家に長期間いない

 

などで、結構小さなことでもストレスになるようです。

 

こうして考えるとミーの場合は、病院がものすごいストレスだったんでしょうね…。

 

 

 

それはさておき、特にトイレに関するストレスは猫がトイレを我慢してしまうため、

 

便秘になりやすくなってしまう可能性があります。

 

猫は綺麗好きなので、なるべくいつでも清潔なトイレを心がけてください。

 

 

歳を取ることによる影響

 

大体猫は7歳以上がシニアと呼ばれ、人間で言えば44歳くらいになります。

 

1年で人間の4倍のスピードで歳老いていく猫は10歳だと56最。

 

人間で56歳と言えば色々身体にガタが出始める時期ですが、猫も加齢によって身体が

 

徐々に変化していきます。

 

 

 

例えば歳を取るほどに猫は眠っている時間が増え、運動しなくなります。

 

これによって筋力は衰え、昔は楽々上っていた高いところにもなかなか登れなくなったり、

 

腸の動きも衰え、ますます便秘になりやすくなります。

 

 

 

また、猫の体内では腸を整える善玉菌の数がどんどん減少し、逆に悪玉菌が増えていくことが

 

2017年とごくごく最近、東大などの研究によってり明らかに。

 

これによって、「昔から食べてるエサだから安心」とは言えないことがはっきりしました。

 

つまり、シニア以上の猫に若い時よりもは吸収・消化しやすい餌をあげる必要があるんですね。

 

 

その他病気や薬の影響

 

中には便秘を起こしている原因が別の病気の可能性もあります。

 

例えば腸閉塞は、腸にポリープや腫瘍ができることで腸が詰まってしまう病気。

 

このような病気の場合は命にも関わるのでとても危険です。

 

なるべく早期発見して病院に連れて行ってあげてください。

 

他にも腸や校門に傷や炎症があって痛みがあるなどの場合にも便秘になることがあるそうです。

 

 

 

また一方で、病院などから処方された薬を飲むことで便秘をしてしまうことも。

 

痛剤、硫酸バリウム、スクラルファート、抗コリン剤、抗ヒスタミン剤、制酸剤、利尿剤などが

 

便秘を引き起こす可能性があると考えられているので、もしこれらを服用中に便秘を起こす場合は

 

獣医さんに相談してみてください。

 

猫が便秘になった時や便秘を防ぐ対策

 

では実際に、猫の便秘になってしまった時、または便秘を防ぐためにはどのようなことをすると

 

良いのでしょうか?

 

ここでは6つの便秘対策を書いてみたいと思います。

 

 

病院に行く

 

 

 

ミーもお世話になった動物病院の受診です。

 

動物病院に行けば、なぜ便秘になったのかということもはっきりしますし、万が一隠れた病気が

 

あった場合も安心ですよね。

 

初めて便秘になってどうしていいのか分からない場合は、やはり動物病院に連れて行くのが確実だと思います。

 

 

 

ただ、全てが良い事ばかりではありません。

 

ほとんどの猫にとって病院は大きなストレスになりますし、病院に行った時に別の病気をもらってしまう

 

可能性もゼロではありません。

 

また、飼い主の都合としても、高い治療費を何度も払うのはなかなか痛いですよね。

 

 

水分を多く摂らせる

 

 

 

どうしても家で便秘を改善したい場合、まずは水を普段より多く飲ませてみるといいかもしれません。

 

上でも書いた通り、猫は1日の必要量とされる水も飲まないことが多いためです。

 

 

 

ではどうやって水を飲んでもらおうか?ということですが、これにはいくつかの方法があります。

 

 

水道水ではなく、市販の水をあげる

 

水道水はカルキ臭くて猫が嫌いな可能性があります。

 

そんな場合は、市販されているミネラルウォーターをあげるのも1つの手。

 

猫は嗅覚が敏感な分、こういう水だと美味しそうにガブガブ飲みますよ。

 

しかし、猫は尿管結石になりやすく、ミネラルウォーターの中でも硬水(硬度が70以上の水)は

 

与えてはいけないとされています。

 

特に海外の水は硬水が多いので注意ですね。

 

市販されている水で猫にあげても大丈夫なのは

 

  • 南アルプス天然水
  • ・六甲のおいしい水
  • ・クリスタルガイザー
  • ・ボルヴィック
  • ・森の水だより

 

などがあり、他にも犬猫用の水として販売されているものもあります。

 

 

白湯をあげる

 

白湯といっても熱々ではなく、ぬるま湯程度の水をあげる方法です。

 

うちでは特に寒い時期などに少し温めた水をあげることで、ミーが喜んで飲みますよ。

 

猫は30度前後くらいの水を好む習性があるようで、水道水は冷たすぎるのかもしれません。

 

また、一度沸騰させて冷ましたお湯はカルキが抜けるため、これがカルキが苦手な猫にとっては

 

好まれる理由なのかもしれません。

 

ただ、これに慣れてしまうと冷たい水を飲まなくなる可能性もあり、どちらも一長一短です。

 

 

ツボマッサージをしてあげる

 

 

 

人と同じように猫にもツボがあるんですって。

 

猫には便秘に効くツボがいくつかあり、そこをマッサージしてあげることで便秘解消ができる

 

可能性もあります。

 

 

 

便秘に効くツボの1つ目はお腹。

 

円を描くように右回りにマッサージしてあげましょう。

 

こうすることで天枢と中かんというツボを刺激するようです。

 

人の場合も便秘の時にお腹をのの字にマッサージすると良いと言われますが、

 

それと同じような感じかもしれませんね。

 

 

 

もう1つのツボは、お尻に近い背中の辺り。

 

大腸愈と小腸愈というツボがあり、この辺りを円を描くように優しくなでてあげましょう。

 

ただ、この辺りは猫にとって性感帯でもあり、喜ぶ猫と嫌がる猫が真っ二つに分かれる部分でもあります。

 

嫌がるようならお腹のツボだけにした方が良いでしょうね。

 

 

 

↓の動画に詳しく説明されていますので、是非場所を覚えてやってみてください。

 

 

 

キャットフードの見直し

 

 

 

普段猫の餌はどんな物を与えていますか?

 

カリカリのドライフード?それとも缶詰などに入ったウェットフード?

 

猫がしっかりと栄養を摂るためには、まずドライフードが欠かせません。

 

しかし、ドライフードは消化しにくく、便秘になりやすい欠点も…。

 

 

 

猫の餌がドライフードのみの場合、ウェットフード(缶詰やパウチに入っている餌)をあげてみるのも

 

いいかもしれません。

 

ただ、ウェットフードだけだと栄養が不足してしまうのが欠点です。

 

 

 

そこでおすすめなのは、ドライフードとウェットフードを混ぜて与えることです。

 

ウェットフードにはドライフードほど栄養はありませんが、代わりに水分が多く含まれ、

 

餌と同時に水分補給もできるのです。

 

また、ドライフードに比べてウェットフードの方が食いつきが良いため、ウェットフードの方が

 

猫も好きなのかもしれませんね。

 

 

ストレスを解消させる

 

 

 

上でも書いた通り、猫は意外と些細なことでストレスを感じやすい動物です。

 

そんな猫のストレスを感じ取れるかどうかは、飼い主さん次第。

 

日ごろから猫とコミュニケーションを取っていれば、何となくは「とこうして欲しいのかな?」

 

「これが不満なのかな?」というのが分かってきます。

 

例えば、猫がやたらとすり寄ってくる時に、お腹が空いてるのか、遊んでほしいのか、

 

みたいなことですね。

 

全て猫の思い通りにしてあげる必要はないですが、できることは汲み取ってあげた方が

 

猫のストレスは和らぐはずです。

 

 

 

もし、そこまで猫との関係が出来上がっていなくても、

 

  • トイレを清潔に保つ
  • 餌はなるべく同じ時間にあげる
  • 水は毎日新しく汲み直す

 

といった基本的なことは最低限しっかりしてあげましょう。

 

 

ブラッシングをこまめにする

 

 

 

ある程度毛玉を飲み込むのは仕方がないと言え、飲み込む毛玉が多いほど

 

毛球症のリスクは高まります。

 

そこで是非やってもらいたいのがブラッシングです。

 

 

 

猫はグルーミングといって自分で毛を舐めて整えるのはご存知だのことだと思います。

 

若くて健康な時はグルーミングで毎日毛並みを綺麗にしていて、体内に詰まるほど

 

毛をいっぺんに飲み込むことはほとんどありません。

 

しかし、歳を取ると段々グルーミングがおろそかになり、毛並みも悪くなるので、

 

毛束ができやすくなってしまうんですね。

 

今のところ、ミーはそこまで年老いてはいませんが、昔よりは少し毛並みが変わってきたかな?

 

という感じはしています。

 

ブラッシングはそんな猫自身の手入れでは不足する毛のお手入れを手伝う効果があるんです。

 

特に長毛種の場合はなるべく若い時からやってあげた方がいいかもしれません。

 

 

 

具体的なブラッシングのやり方は猫専用のブラシを使って、猫の毛並みに逆らわずに

 

撫でていく感じで行います。

 

あまりガリガリとやりすぎると地肌を傷付けてしまうことになるので、優しく猫が嫌がらない程度に

 

ブラッシングしてください。

 

 

 

1日1回程度が目安ですが、短毛種の場合はそこまでやらなくても大丈夫だと思います。

 

あと、ブラッシングを嫌がる猫もいますが、この場合は無理にブラシを使わずに、

 

素手で撫でて抜けた毛を集めるだけでも効果がありますよ。

 

猫の便秘の強い味方!おすすめサプリはコレ!

 

 

 

ここまで様々な対策を書いてきましたが、これらに加えて私がおすすめするのが腸内環境を整える

 

猫用サプリを摂ることです。

 

ここまで紹介した6つの対策を行っても、加齢による善玉菌の減少は残念ながら食い止められません。

 

そんな腸内環境を整えるサポートをするのがサプリなんですね。

 

サプリには餌に含まれていない乳酸菌や消化酵素が含まれているので、善玉菌を増やし消化を助ける

 

働きが期待できるんです。

 

その他食物繊維も含まれ、腸のぜんどう運動を促す効果も期待できますよ。

 

 

 

ちなみにネットでは人用の整腸剤であるビオフェルミンが猫にも効くと書かれているサイトが多いですが、

 

上でも書いた2017年の東大などの研究によって、人間の善玉菌(ビフィズス菌など)と猫の善玉菌は

 

かなり違うものだということが分かりました。

 

つまり、ビオフェルミンでは猫にほとんど効果がないということですね。

 

やはり猫には猫専用のサプリを与えるのが確実だと言えます。

 

 

 

猫用のサプリは沢山販売されていますが、ここではおすすめのサプリ2つをご紹介します。

 

ねこファイン


「猫の乳酸菌を育てる」をコンセプトにしたサプリ。
便秘対策に必要な食物繊維、消化酵素、乳酸菌、乳酸菌を活発にするオリゴ糖と必要な栄養素が網羅され、まさに最強の便秘サプリと言えるものだと思います。
サプリは粉末状になっていて、餌に振りかけるだけ。

 

原材料は難消化性デキストリン、大根粉末、イソマルトオリゴ糖粉あめ、デキストリン、モズク抽出エキス(フコイダン含有)、乳酸菌生成エキス(大豆、乳酸菌)、米抽出物(セラミド含有)

 

定価は7,980円ですが、初回限定で4,200円の定期購入、ずっと7,980円で2袋ずつ購入できる2カ月定期コース、ずっと10,780円で3袋ずつ購入できる3か月定期コースといったお得な購入ができます。

毎日爽快


こちらは植物酵素と乳酸菌が含まれているサプリ。
植物酵素で食べ物の栄養吸収効率を上げ、乳酸菌で腸を整える効果が期待できます。
こちらは小さい粒サプリとなっていて、朝晩の食後に食べさせます。

 

原材料は植物発酵エキス、有胞子性乳酸菌、ビール酵母、チキンエキス末、還元麦芽糖水飴、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、デキストリン

 

定価は2,776円ですが、1か月定期購入で初回980円(2回目以降2,498円)で購入できます。
また、3袋ずつの定期購入なら初回2,940円(2回目以降6,661円)と更にお得になりますよ。

 

 

私のおすすめは「ねこファイン」です。

 

 

何と言っても、このサプリだけで食物繊維、消化酵素、乳酸菌、オリゴ糖の全てが入っているのが魅力ですね。

 

他のサプリだと食物繊維のみ、乳酸菌のみというのが多いですが、これならどんな便秘にも幅広く対応できます。

 

もちろん、猫に害になるものは入っていませんので副作用の心配はありません。

 

 

 

一方の「毎日爽快」は「ねこファイン」に比べると入っている栄養素が少ないですが、その分値段が安く、

 

コスパが良いのが魅力です。

 

(猫の身体は心肺だけど「ねこファイン」はちょっと高い…)という方はまずは「毎日爽快」から

 

試してみるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

「ねこファイン」というサプリを知り、我が家では早速うちのミーにも餌と一緒に食べさせるようにしましたが、

 

このサプリ本当に凄いですよ。

 

ウンチの出が良くなるのはもちろん、ミーのちょっとヘナヘナになりかけてた毛並みも見事に復活したんです!

 

便秘対策のことしか考えずに購入したサプリですが、ミーに若々しさが戻ったのは思わぬ喜びでした。

 

 

 

もちろん、薬ではないので猫によって効き目は違うと思いますが、少なくとも私は少々は高いけど

 

「買って良かった!」と言えるサプリでした。

 

あなたのお宅の猫ちゃんも、便秘でお困りならサプリを試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに「ねこファイン」も「毎日爽快」も返金保証付きなので、猫が食べないなどの問題があっても安心ですよ。